シックハウス症候群

シックハウス症候群の住宅を作らない方法

シックハウス症候群の住宅を作らない方法

もしかして、シックハウス症候群ではないですか?

家を新築したり、リフォームしたりしてから何か体に異変が起こっていませんか?

 

例えば頭痛や鼻水が出たり、目が痛かったりしたら、それはシックハウス症候群の可能性があります。

 

シックハウス症候群には様々な症状があり、なんとなく調子が悪いなど漠然としている場合もあります。室内にいる時に強く症状がでるなら、シックハウス症候群を疑ってみましょう。

 

シックハウス症候群とはホルムアルデヒドなどの有害な化学物質を含む建材を多く使用した為や、またカビ・ダニによって室内空気が汚染されて、体調不良を起こしてしまう状態のことです。

 

特に住宅の気密性や断熱性が高まったために、よく換気しないと発症しやすくなります。

 

最近ではアレルギー体質の人や化学物質に敏感に反応する人も増えているので注意が必要です。

 

家づくりの時にシックハウス症候群にならないように気を配ることが大切です。どうすればシックハウス症候群にならない家が建てられるのでしょう。

 

シックハウス症候群対策としては、換気がとても重要です。もう家を建ててしまっている方は十分な換気に気を付けることです。

 

これから家づくりを始める方は建材にこだわってみましょう。一番おススメなのは無垢材など自然素材を使うことです。木は調湿作用や断熱作用に優れているので、自然と私たちを健康な暮らしへと導いてくれます。

 

またシックハウス症候群の原因となるダニやカビも自然の力で繁殖しにくくしてくれます。
木の家の香りはリラックス効果もあるので、シックハウスに敏感な人も癒してもらえるはずです。

 

 

<< 一戸建て・マンション │ 建て替えリフォーム費用 │ エコ住宅 >>


ホーム サイトマップ
リフォームの費用はいくら? 一戸建てとマンション シックハウス症候群 エコ住宅 スマートハウス