建て替え リフォーム 費用

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

家の建て替えやリフォームの費用

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

リフォームでも、100万円以上の差!

 

私の場合、マンションのリフォームをしたとき、高い業者と安い業者の差が100万円以上もありました。

 

このことから、言えるのが、必ず複数の会社から見積りを取ることが大切ということです。

 

少しの努力で100万円も違うのですから、恐ろしいものです。

 

ちなみに、私の場合は、5社に見積りを依頼したのですが、高いところで2,490,411円、安いところで1,474,250円でした。

 

つまり、建て替えやリフォームの費用を知るには、見積りを取らなければ全くわからないということが言えるのです。

 

基本的に見積りはどこでも無料で出してもらうことができますので、気軽に見積りを依頼してみましょう。

 

そこで、「どこに見積りを依頼すると安心?」という方にオススメなのが、「ホームプロ」です。リクルート、大阪ガス、NTT西日本、NTT東日本の大手企業4社が出資する「優良リフォーム業者紹介サイト」です。
詳しくはコチラをクリックしてください↓

建て替えかリフォームか迷っているあなたへ

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

あなたなら、今住んでいる家が古くなってきた時、建て替えをしますか?

 

それともリフォームしますか?

 

この質問の答えは、真剣に考えている人ほど、簡単に出せないはずです。なぜなら、建築業でもやっていない限り、どれほどの費用が発生するのかわかりにくいところがあるからです。

 

不確定な要素を具体的に!

 

建て替えにしてもリフォームにしても工事内容により費用はピンキリです。まずは、どの程度の工事ならどれぐらいの価格になるのかをハッキリとさせましょう。そうしなければ比較することもできず、ベストな判断をすることはできません。

 

正しい判断をするために大切なのは、不確定な要素を具体的させることです。

 

リフォームの見積りを取ろう!

 

まず、あなたがしなければいけないのは、リフォームした場合の費用をはっきりとさせておくことです。どれほどの工事をすれば費用がどれぐらいになるか、ということです。

 

これがわからなければ判断をすることができません。

 

リフォームの費用がわかると、建て替えのときの費用と比べられますので、ハッキリとどちらにすべきか道が見えてきます。

 

ただ、ひとつ大切なことがあります。良い業者を選ぶことです。リフォームの見積りを取るのは安心できる業者を選びましょう。

 

安心のリフォーム業者を見つける方法

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

 

良い業者を知らない、という人は、ホームプロなどの「リフォーム業者紹介サービス」を使うことです。

 

ホームプロとは、リクルート、大阪ガス、NTT西日本、NTT東日本の4社が出資する会社なので安心です。

 

費用は0円で、あなたの名前を出さずに匿名で優良業者を見つけることができます。

 

ちなみに、ホームプロに加盟できるリフォーム業者は10社に1社しか通過できない厳しい審査基準に通過した優良業者だけです。そのため騙されたなどの被害に合う心配は一切ないと言えるでしょう。

 

 

↑完全無料のおすすめサービスです。

建て替えとリフォームの違い

建て替え・リフォームの費用はいくら必要か?

 

建て替えとリフォームの違いについて考えてみましょう。

 

建て替えは建物を全て解体して、更地にしてから家を建てるものです。解体や建築費用だけでなく、仮住まいや引っ越し費用、様々な税金などもかかってしまいます。

 

それに建築基準法によって、今の家より小さい家しか建てられない可能性があります。最悪、建て替えできない場合もありえます。

 

しかし新築になるので、間取りなども自由にできますし、耐用年数も長くなるので安心です。

 

リフォームは建て替えに比べて、傷んだり、古くなったりした部分だけを治せるので、費用も安くすみ、工事の期間も短くてすみます。また住みながらの工事も可能です。

 

増築でない場合は、法の規制がないので家が狭くなる心配もありません。気に入っている部分はそのままなので、今の家に愛着があるのならリフォームしながら住むのも悪くないでしょう。

 

ただ、今の家の老朽化が激しく、全面リフォームになる場合は建て替え以上の費用がかかると思います。耐用年数も増えるわけではないので、耐震補強も必要になるでしょう。

 

どちらもメリット、デメリットがあるのでよく考えて決めなければなりません。

 

ただ将来的に今の家に住み続けるのか、いつかは売却する予定なのかによっても変わってくると思います。

 

ご家族の将来像もはっきりしてから、決断することも大切です。

 

 

<< │ トップページ │ 一戸建てとマンション >>


ホーム サイトマップ
リフォームの費用はいくら? 一戸建てとマンション シックハウス症候群 エコ住宅 スマートハウス